« ニュースレター | トップページ | 釣りの後のお楽しみ »

ヒラメ釣り 釣果報告

行って来ましたヒラメ釣り! 今日のブログは長いよ~

三重県鳥羽市、石鏡漁港の平吉丸にのった。

船長はパッと見、悪役商会の人みたい

でも気のいいオヤジさんだったのでよかった。

同船した人は3名。みんな60前後らしきおじさん。

背中合わせで釣りをした人に挨拶がてら話しかけたらヒラメ釣りの

コツと今までの釣り武勇伝をいっぱい聞かせてくれた。

このおじさんかなり出来る!竿も仕掛けも自己流の手作りだった。

釣りの最中は各自黙々と集中するのだが、それ以外の時間は

コミュニケーションをとる方が楽しさもアップする

さて、釣り始めて10分、一回目のアタリはあわせ損なった

それからすぐに2回目のアタリ!今度はのった(フッキング成功)けど

上がってきたのはマゴチ。

Magoti

この写真は家に帰ってから撮ったもの。帰りのクーラーボックスの

中で変な格好になってしまった。こう見えて白身で上品なお味。

マゴチの1時間後くらいに次のヒット!

Matou

この珍妙なお魚はマトウダイ。仲良しになったおじさん曰く、

「カワハギ系なので煮付け系にしたら美味いゼ!」ですって。

このおじさん、とってもいい人だったんだけどトークはギャル系

それから2時間ほどアタリもなし。3時間しか寝てなかったので

頭も手元もボヤ~っとなってきた。竿を持っているのも重く

なってきたな、と思ってたら竿が急に軽くなった。

こ、こ、これは!! タチウオの喰い上げだ!!

タチウオは餌にかぶりついたら上方に猛烈に走ることがある。

そのせいでオモリの重さを全く感じなくなるのだ。

Tati

上がってきたのは一番厚いところで指5本幅の立派なタチウオ。

パンパンのお腹にはいっぱい小魚が入ってるんだろうな。

この前、神戸で夜釣りしたときに釣ったタチウオの倍はある。

写真ではわかりづらいかな?長さは110センチ。

伊勢湾ではまずまずのサイズ。これでも十分デパ地下サイズなのに

もっとデカイ、指7本幅くらいのがいるからビックリ

今日は外道(本命以外の魚)DAYだな~と、本命は半分

諦めながらも、ヒラメの活性の低さに対応すべく生き餌のイワシを

小さいものに付け替えて再チャレンジ。

一瞬だった。前アタリ(イワシがヒラメに襲われ暴れている感触)も

なく、一気に竿先を持っていかれた!!

ヒラメは前アタリの数十秒後、グ~っとゆっくり竿先が曲がるのが

一般的なアタリだか、今回は一口でイワシを丸飲みしたようだ。

上がってきたのは45センチのヒラメ。

Hirame

サイズは大きくないが、これでもお刺し身4人前はとれる。

去年、80センチのヒラメが釣れたのを見たからこのサイズでは

あまりエキサイトはしない。でも本命が釣れたのでやはり嬉しい

結局、4種各1匹ずつ釣って本日終了。船長や同船したおじさんとも

仲良くなれたし実に楽しい1日だった。

明日はこれらの魚が食卓に並ぶ。白身4種の船盛りだ!!

美味い魚があったら美味いお酒が欲しくなる

もう何ヶ月も一口も飲まずに置いてある“久保田(万寿)”

091019000

お仕事の方も11月は良い結果で終われそうだし、明日は

開けてみようかな。

そんなこんなで久々に満足出来る釣行だった、

次回は12月29日、伊勢湾のタチウオ狙いの予定。

指幅7本に挑戦だ!

|

« ニュースレター | トップページ | 釣りの後のお楽しみ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。